FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

週刊「蒸気機関車C62を作る」その16

今号はエンジンシリンダ前部を組み立てるである
毎度お決まりの表紙とパーツの写真を。
表紙&パーツ

今号はシリンダ前蓋のみダイキャストで他のパーツは真鍮である。
まずはダイキャスト部品の塗装剥離から開始。
塗装剥離中

パーツの入ってきたケースにパーツとプラモデル用薄め液(シンナー)を入れて暫く(10分ほど)そのまま放置。

その後で真鍮ワイヤーブラシで軽くこすると…
あらきれい
気持ちよく塗膜を剥離することが出来る。
使った薄め液は㈱GSIクレオスの『Mr.カラーレベリング薄め液』であるが、
ボトルに(第4類 第1石油類)と書いてあれば特にこれにこだわる必要はないと思う。

そして塗装剥離完了。見事にダイキャストの地肌(銀色)が出る。
塗装剥離完了

この時点でパーツのバリやパーティングラインをヤスリを使って消しておこう。

そしてお決まりの黒染め処理を行って仮組立。
この辺の手順は毎度同じになってきてしまった
黒染め組立済み

今回の黒染め処理は上手く行ったと思う。
最後に塗装する予定でいるので、黒染めは下地処理と考えている。
よって多少のムラは目をつぶっても問題無いと思う。
なお、シリンダ安全弁は実車では塗装されていて黒だが、今回下回りのアクセントになりそうなので黒染めはしないこととしてみた。
意外と感じよいかなと自己満足しているのだが…皆さんはどうお考えでしょうか

そしてシリンダ部分に前号のシリンダ後部と共に組み付けてみる。
仮組み

お~感じ良いですね~

しかしながら今回の時点でも将来の調整をふまえ、固定は行わない方が良い気がする。
(ステップ・バイ・ステップで止めろと書いてあるので固定してしまっても問題はないと思うが、念のため)

次号でシリンダ覆いが配布されるそうである。
その時点でひょっとしたら固定してしまうかも知れない。

モデルの重量が嵩んできているので、これからは安定したところに置いて慎重に作業をしましょう。
ここまで出来て落としたり、ぶつけたりしてしまったら泣くに泣けませんよ。

皆さん、頑張りましょうね!

Comment

ようやく形が見えてきましたね。
エンジン周りを中心に、徐々に組みあがっていくように
部品配信(とでもいいましょうか)されていくといいですけどね。
重量感も感じることもできますし、良い物になりそうな予感がしますよ。
しかし、毎回のことながらと思っちゃいますが、
ダイキャスト部品の塗装はメッキにしてあっても
いいんじゃないかと思っちゃいますね。
簡単に剥離できすぎですよ。

良い色具合ですね

ま~様、44AUTOMAGです。
メリークリスマスです。
画像に写っている「ま~様のC62」、良い色具合ですね。
金属への塗装は大変でしょう、真鍮部品と亜鉛合金へメッキのような塗装をした部品ですし・・・。
でも、それも楽しみですかね。
自分は、金属製(真鍮製:主に)であることを誇示したいので、未塗装で仕上げます。
キンキラのC62-2号機:北海道重装備型が出来上がる日・・・待ち遠しい!
それでは、また遊びに参ります。

やっとメカっぽくなってきましたねっ(*^▽^)
でもまだまだわかりません‥素人には‥^^;
汽車っぽい姿が待ち遠しいです(^-^)/

こぼちゃんさん>
 エンジン部分がやっと形になってきました。
 これでカバーが明後日配布される予定なのでほぼ形になるかと思います。
 メッキしてあれば文句なしでしょうね。
 でも、塗装に比べてメッキとなると…価格が(笑)
44AUTOMAGさん>
 メリクリです。
 未塗装もまた魅力ですが、私の場合は金色を最後まで維持する自信がなかったため速攻諦めて塗装仕上げを選択しました。
 金色のC62-2完成を期待してます。
 スノープラウの設計に入りましたよ~~。
n540さん>
 汽車っぽい姿ですか…
 まだ取り付けていない部品を仮付けして前から見るとそれなりになりましたよ。
 近いウチにその写真もUPしますね。

NO.16を読んで

ά
宮城県石巻市在住の”まさるあんこ”と申します。
初めてお便りいたします。
 デアゴスティーニさんの「C62掲示板」から、貴HPを知り、拝見いたしました。全部読むのに、1時間かかりました。
 掲示板では、”黒染め液”の記事より前には、あまりお見かけしませんでしたので、失礼いたしました。
 「貴C62のHP」を見せていただいて、製作方法や、黒染め方法、使用する工具、資材など、とても参考になりました。もっと早くからこのHPを知っていればと悔やまれます。
 小生は、将来は5インチ・ライブスチームを目指す鉄道模型ファンですが、超初心者です。現在、ライブスチームの練習として、このC622に挑戦しています。鉄道模型をつくるのは、40年ぶりです。いわゆるリターン組みです。道具も、写真も図面も何もありません。これから、いろいろ揃えるつもりです。そのために、貴HPの記事はたいへん参考になり、助かっています。
 今後、C62の製作に伴って、いろいろ質問することがあるかもしれませんが、宜しくご指導お願いいたします。
                   草々  

いらっしゃいませ

〉まさるあんこさん
いらっしゃいませ。
ディアゴ掲示板は皆さんのスキルが高過ぎでしてもっぱらROMでした(^O^)
自分でやってみて、掲示板に書けないような上手く行ったことや失敗談を書けたらと、自分のBlogで書く事にしてます。
これからもよろしくお願いします。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)