FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

X、Y軸のブレ(ベルトテンション)について

動くようになって物珍しさもありいろいろなものを作り出しています。
前回のPTFEチューブに交換したことでかなり造形精度が上がってきたのですが、もう少し調整すればもっと良くなる…ハズ
そんなことで、X、Y軸のモーターからプーリーへのベルトの張りを自動調整させるべく、ベルトテンショナーを造形してみました。
ベルトテンショナー全景

元ネタはBS01 Wiki内の→ここ
必要な部品としては、3Φネジ4本、引きバネ2本、ベアリング2個、それと造形したもの。

記事によるとモーターは発熱部品であるためABSで造形するように指示されていますが、約2時間ほど動かしてX、Y軸のモーター温度を計測したら約49℃
PLA樹脂は約65℃で軟化を始めるというのでまだ上限に20%の余裕が有るためPLA樹脂で造形することにした。
ダメならば作りなおせばいいっきゃ

造形完了したパーツのブリムや糸引き、サポート材の除去を済ませ、各穴を3Φ(ネジ穴は2.5Φ)ドリルでさらい、ネジ穴には3Φタップを立てました。

で、組み込み。

そこで失敗
その①:X軸用アームにちょっと無理な力をかけたら…ポキっ
     めげずに作りなおしても、またポキっ
     折れたアーム
    サポート材の除去時に力を入れ過ぎたためであろうと思う。
    また、折れた断面を見ると内部がInfillで抜けていて強度が落ちているのでは?

    そこで、.stlファイルの修正方法はまだ未知なので、スライサをかける時点で造形物を回して細いアーム部分にInfillが入らないところを探し再々造形し、完成
    
その②:X軸アームを止めているネジを奥まで差し込みすぎ後板に傷をつけてしまった→自分のミス

そんなこんなで組み付け完了

X軸はこんな感じ
X軸(前)  X軸(後)

Y軸はこんな感じ
Y軸(前)  Y軸(後)

まだ組み替えてからさほど造形していないが、今のところ問題は起きずです
軟化も起きないので、とりあえず十分かと。

各モーターからのベルトを張った事によってガントリーヘッドの動きがより正確になった…気がします。
ガントリーヘッド周りではガントリーブロックのガタツキをサポートを付けて制限してみようかと。

面白くて毎晩深夜まで遊んでいます。
おまけのフィラメントは造形時ほとんど臭いません。

造形中に123d Designを動かして、フィラメントスプール用のセンタリングフォルダを描いています。
これができればフィラメントをいちいち手で送らなくても済むので、もっと楽になると思う。
ベッド上にも黄色い物体が写り込んでいますが、これも後で製作記を載せます(データそのままでは使えませんでした)

Comment

No title

質問なんですが、ベアリングの大きさってどれぐらいのものを購入すればいいのでしょうか?
すみませんがよろしくお願いします。

テンショナーベアリング型番

どなた様でしょう?さん
書き込みありがとうございます。

使っているベアリングは『623ZZ』です。
両シールド形、内径3Φ、外径10Φ、幅(厚さ)4mmです。

ついでに引きバネは『E653』八幡バネ製
バネ径0.8、外径6.3Φ、長さ23mmです。

その他は3Φネジ10mm、18mm各2本(トラス推奨)

フィラメントはPLAでいまのところ問題無いです。

ぐ〜とさん、コミュの方でもいつもお世話になっております。
夜中の寝ぼけながらの書き込みだったので、名前を忘れていました

詳細教えていただきありがとうございます。
ちなみに、積層0.2の密度100%の方が良いのでしょうか?

No title

ニック3世さん
アーム部は記入の通り強度を要求されるので積層0.2、infillも高めのほうがいいと思います。
逆に本体部分は大きいこともあって積層0.3、Infillも30%程度で良いと思います。

造形するとバネが本体およびアームと干渉しますので凸型のカラーを作成されたほうがバネの遊びがなくなります。
カラーの寸法は凸型上は5Φ厚さ1mm、下は7Φ厚さ3mmで中心に3Φ穴を貫通させたものを通すとバネが1段高くなり本体と干渉しなくなります。
(PLAで十分ですが摺動部分なので摩滅します、時折チェックしてください。私はそれが嫌で真鍮丸棒から挽いてしまいました。)
止めネジはidboxのあまりネジを切って使えばよろしいかと。
通常のナベネジ使うのであればディアゴのワッシャをビス頭側に挟んで直径を広げてくださいね。

P.S.
真鍮カラーは挽いてさし上げることも可能です(通常郵便でお送りできます)
もしご入用であれば下の『管理者だけ表示を許可する』にチェックを入れてご住所をお知らせください。
  

No title

遅くなってすみません
カラーですが、自分で何とかしたいと思います。
その方が愛着がわきますので(笑)

この度は、ありがとうございました。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)