FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

週刊「蒸気機関車C62を作る」その14

初めて雑誌発売当日にBlogをUP出来た
今号は左エンジンシリンダを取り付けるである。
前回宣言した通り右エンジンも同時に取り付けることとしよう。
お決まりの表紙とパーツの写真を
表紙&パーツ


例によって13号と同様な前処理を行っておく。
それは
①ダイキャストのバリ取り
②エンジンシリンダの黒染め
③シリンダ後蓋の塗装剥離
である。

説明は省略するが写真を数点
穴貫通

バリ取り完了


そののちエンジンをメインフレームに取り付けるのだが…
ドライバーが斜めにしか入らないではないか
止め方はステップ・バイ・ステップに従ってだましだましねじ止めしたが、失敗したら結構大変なことになりそうな構造である。

そして左右エンジンの組み付け完了
組み付け完了

非常に重量がある。
試しに組み付け前にエンジンブロックの重さを量ってみた。
エンジン重量

今後色々なパーツが付いてくると思うが、完成時は結構な重量になりそうな予感である。

さて、ここで今回組み付けなかったパーツのうち、シリンダ覆いは左右があることを覚えておかないと後の工程でブレーキパイプが入らなくなるので要注意である。
シリンダ覆いのボイラー側(上側)の一部に切り欠きがあるのが左エンジン用のシリンダ覆いである。
仮組した写真を載せておくので微妙な違いを覚えておいて欲しい。
シリンダ覆い

Comment

こぼちゃんさん>
 ビス穴には参りました。
 精密ドライバーがあったから良かったものの
 普通のドライバーだったらお手上げだと思います。
 左右各1mm外側にビス穴を開けてくれたらずっと作業が楽になると思うんでっすけどね。
 素組はパーツの合いの確認とそのパーツを無くさないためです。
 組んでおけば無くならないですからぁ(笑)

な~るほど

な~るほど。
左右の違いあるんですね。
自分は日本海側に住んでいるので、12/5が購入日となります、悔しい「凸(▼皿▼メ)」!!
デアゴC62掲示板にも投稿したのですが、公式側からの画像にしたかったので、オチャメでシリンダーを逆側に取り付けています。
取り付け直さないと・・・・。

44AUTOMAGさん>
 日本海側は発売日が1日遅いんですか
 知らなかった。
 左右の違いは偶然合わせたときに『あれ違うじゃん』で、気が付きました。
 今回は保存しておけとのことですので、組み立てるときに間違わないようにしないといけないですね。
 私は2mmビスでカバーを仮止めしちゃいました。

確かにビス止めが斜めにしか出来ない仕様になってますね。
あんまりすぎです。
数ある内の何箇所かをなめてしまった人も多数いるのではないでしょうか。
パーツがまとまってくると、だんだん形が見えてきますが、黒染めと相まっていい感じになってますね。
しかし、付属されたままのパーツを素組していって、本当にきちんと完成させることができるのか?ってくらい仕上げが重要度を増してますね。
完成するまで、ま~さんが更新するように
影ながら、生暖かく見守りたいと思います。
がんばってくださいっ!

お久しぶりでございます!!
この度ブログを新規に開設しましたので
ご報告です^^
またよろしくお願いします!
リンク貼らせて頂きますね^^

イペキさん>
 お待ちしておりました~
 Blog再開おめでとうございます。
 またよろしくお願いします。
 でも、同じFC2なのにRSSに登録できないんです。
 どうしたんだろう?

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)