FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

ちょっと良い物(バッテリーチャージャー)

Hitec Multiplex Japanより1Cell LiPo専用充電器(Micro Battery Charger)が発売されております。
今回はこの商品のご紹介をば

特徴はAC100Vより1Cellあたり最大1000mAで4Cell同時充電可能。
各ポートにそれぞれ4種のコネクターのジャックを装備しておりWALKERA、Nine Eagles、Weekender、E-flite、京商などの1Cell LiPoを充電できます。
所有しているWALKERA Genius CP V2(以下GCP)、New V120D02S(以下V120)ともに1Cell Lipo機体なので4本同時充電可能なのは嬉しい。
充電状態も7セグLEDに表示されるため確認可能(電池電圧・充電電流・充電量)
充電アダプタを使用しないAC直接結線なので配線もすっきりしている。
20141106_03.jpg
この画像はPort4にV120用Lipo(900mAh)を接続し、現時点の充電容量が459mAhであることを示しています。
充電完了時はLEDに(FULL)と表示されるとともにBeep音とダイアル左上のLEDが赤→緑に変わるためたいへん判りやすい。
20141106_05.jpg
上の画像は異なる容量のLiPoを同時充電中です。
・Port1はGenius CP V2の200mAhのLiPo充電完了状態(FULL表示&ダイアル横LED=緑)
・Port4はNew V120D02Sの900mAhのLiPo充電中状態(LiPo電圧表示&ダイアル横LED=赤)

基本1C充電で10mAhから1000mAhまで対応しています。
機体についてきたUSB接続の充電器に比べると充電時間も短くなります(特にV120では半分程度の時間で充電完了)。
900mAhのLiPoでの充電時間実測値は
Micro Battery Charger:1時間40分
製品添付のUSB充電器:3時間10分
オプションのDCケーブルを使えば移動先で車のバッテリーからでも充電できます。

Webサイトを徘徊したところ、Hitec Multiplex Japanより発売されているものとOEMと思われる製品がありました。
価格はOEMと思われる製品のほうが倍近く高かったです。

対応機種、製品詳細はHitec Multiplex Japanのサイトを見てください。

価格もリーズナブルでおすすめできる1品です。

まずは機体の紹介から

所有している機体は2機
ともにWalkeraの
Genius CP V2(100サイズ)
New V120D02S(120サイズ)
です。
現有機体です
部屋の中で遊ぶにはGenius CP V2のほうが扱いやすいです。
対クラッシュ性に関してもV120D02Sより強く部屋の中程度の広さでは余程のことがない限り壊すことはないかと。
それに比べてV120D02Sの方はデンジャラス。
私のV120でもコーンギヤ欠損その他修理項目は多々あります。
今後Genius CP V2(以降「GCP」とします)とNew V120D02S(以降「V120」とします)をカテゴリを分けてUpしていきます。

RCヘリ熱再燃

今まで鉄道模型を主体にしていた当Blogですが、久しぶり(本当に20ん年ぶり)にRCヘリにハマってしまったのでちょっと方向転換をば。
遡ること20ん年前にGPヘリ(45および15クラス)や登場間もないEPヘリ(機体メーカーは全て京商)をやっていました。
当時のヘリはコントロールが非常にシビアでホバリングがやっと出来た頃子供誕生や転居・転職などがありなかば強制的に中止させられるハメになりました。

先日何の気なしに立ち寄ったプラモデル屋のショーウィンドゥに小さなRCヘリがありました。
全長20cmそこそこの機体ながらフライバーレス&3軸ジャイロ!
かなりの衝撃を受けました。
その機体は京商のFBL100
俄然購入意欲が湧き店員に『おいくら?』って聞いたら
『この商品は既に完売いたしました。次回生産は未定です』との返答。

湧き上がってしまった気持ちは抑えられずWebをさまよい歩き、決めたのがWalkeraのGenius CP V2
国内認証付きのプロポを入れても20,000円でお釣りが来る値段。
速攻ポチしてしまいました。

3軸ジャイロの効果+3軸加速度センサー(Walkeraはこれを6軸ジャイロと呼んでいます)の効果は抜群で、昔苦しんがことを体が覚えていたらしく箱出し30分でホバリング出来ました。

調子に乗ってモーターがへバるまで毎日室内ホバの繰り返し。
そののち屋外に持ちだしたのですが、さすがに小さいため風には弱く、その晩1クラス上のV120D02Sをポチ。
当Blogはこの2機のことそれと送信機(Devo7e)のDeviation化をメインに書いて行こうと思っています。